ここから本文です

新卒の地元就職促進へ課題は認知度 企業と学生が懇談会 香川

10/21(月) 19:06配信

KSB瀬戸内海放送

 新卒の学生の地元での就職を増やそうと、大学生と地元企業の採用担当者による働き方の懇談会が高松市で開かれました。

 香川大学で開かれた懇談会には、これから就職活動に向かう3年生の学生と、県内に本社や支店を置く不動産会社や金融機関などの採用担当者が参加しました。

 まずは学生が、それぞれの職業観について発表しました。

(学生の発表)
「(仕事は)人とのつながりを通じて、自分自身を高めるものだと思っています。得意なものであったり、好きなものに関われるような仕事につけたら、うれしいなと思っています」

 また、「苦手な人とどう付き合うか」について、実際の職場での対応を学ぶグループワークも行われました。

 香川大学では現在、県内の民間企業に就職する学生は全体の3分の1ほどです。
 大学の新入生へのアンケートでは、知っている地元企業の数は県内出身者でも3社に届きません。採用する企業にとっては学生からの認知度の低さが課題となっています。

 企業側はここ数年、インターンシップを通年で実施するなどし、学生との接点を増やす対策に力を入れているということです。

最終更新:10/21(月) 19:06
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事