ここから本文です

MLS2019でシーズン最も売れたユニフォームは!?トップはやはりあの男

10/21(月) 17:51配信

SPORT.es

メジャー・リーグ・サッカー(MLS)は報酬によってやる気を駆り立ててはいるものの、サッカーレベルの改善を続けていくために有名選手を獲得し、少なくともここ数年は際立ちを見せている。

ズラタン好みはモウリーニョ! ペップの人間性を疑う「一度も心を開いた事はない」


今週、MLSのショップは今シーズン最も販売数の多かったユニフォームのリストを発表している。ロサンゼルス・ギャラクシーに所属するスウェーデン人、ズラタン・イブラヒモビッチの背番号9のユニフォームがランキングのトップに立っている。


2位には現在のリーグ王者であるアトランタ・ユナイテッドのホセフ・マルティネスがランクインしており、3位には今季の得点王であるメキシコ人のカルロス・ベラがつけている。


4位には今年アメリカに別れを告げたDCユナイテッドのアイドル、ウェイン・ルーニーが入り、5位には世界王者に輝いたこともあるシカゴ・ファイヤーに所属するドイツ人のバスティアン・シュバインシュタイガーがランクインしている。


クラブ別で見ると、トップ15にジョーダン・モリス、ニコラス・ロデイロ、クリスティアン・ロルダン、そしてラウル・ルイディアスの4選手を輩出したシアトル・サウンダーズが目立った売り上げを見せている。

最終更新:10/21(月) 17:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事