ここから本文です

サラゴサ香川真司 トップ下で先発も「評価なし」途中交代に現地紙厳しい評価

10/21(月) 18:12配信

中日スポーツ

 サラゴサの香川真司は20日に行われたスペインリーグ2部ミランデス戦に先発出場したが後半途中に交代。チームも1-2で敗戦した。チャンスに絡めなかったことを踏まえてかスペイン紙「AS」では「評価なし」に終わっている。

 ここ6試合で1勝しか挙げられないサラゴサ。香川は得意のトップ下でスタメン復帰した。しかしチームは22分にミランデスに先制ゴールを許す。後半に入って香川は14分にミドルシュートを放つ場面があったが、2点リードを許した25分に交代。チームも下位に沈む相手にホームで勝ち点を確保できなかった。

 同紙は「昇格プレーオフの位置につけているが、明らかに決壊している」とサラゴサの不振ぶりを表現。3つ星満点での採点でも評価は芳しくなく、特に香川は「評価なし」という厳しい見立てだった。

最終更新:10/21(月) 18:12
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事