ここから本文です

元プロ佐々木誠監督、甲子園へ前進 鹿児島城西が完封で4強

10/21(月) 16:27配信

西日本スポーツ

 ◆高校野球秋季九州大会準々決勝 城北0-8鹿児島城西(21日・佐賀ブルースタジアム)

【写真】勝利へスクラムを組むぞ!ラグビー日本代表のセカンドジャージーのデザインを模したTシャツを着る明豊ナイン

 プロ野球の南海、ダイエー、西武、阪神で活躍した佐々木誠監督が率いる鹿児島城西が完封勝ちで4強入りを決め、来春の選抜大会初出場へ前進した。

 3回に1年生の9番長(おさ)陸稀が2ランを放ち先制。その後も着々と加点し、9回に3点を入れて突き放した。投手は5回まで抑えた前野将輝に続き、6回から登板したエース八方悠介が無失点リレーを完成させた。

 2018年1月に就任し、同校の悲願でもある甲子園出場が見えてきた佐々木監督は「夏(鹿児島大会)に逆転コールド負けした後から、メンタルを鍛えるためあえて厳しくしてきた。反骨心反発心を誘発してきた」とチームとしての成長を強調した。

 鹿児島城西は準決勝で大分商と対戦する。


鹿児島城西 002201003-8

城北    000000000-0

西日本スポーツ

最終更新:10/21(月) 17:01
西日本スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事