ここから本文です

「試合の入り方が良くない。インテンシティーが欠けていた」ジダンの試合振り返りがいつも同じと西メディア指摘

10/21(月) 23:36配信

GOAL

今季、低調なパフォーマンスが度々指摘され、先のマジョルカ戦ではついにリーガ初黒星を喫したレアル・マドリーだが、スペインメディアはジネディーヌ・ジダン監督が試合後に話す内容がいつも同じと指摘している。

【ハイライト】マジョルカ相手に不覚…レアル・マドリー今季初黒星

スペインのスポーツ紙『マルカ』によれば、ジダン監督はプレシーズンのアトレティコ・マドリー戦の3-7大敗からマジョルカ戦まで、相手の先制を許して良くない結果を収めた5試合で、いつも同じスピーチを繰り返している。それは「ああやって試合に入ることはできない。私たちにはインテシティーが欠けていた」というものだ。

『マルカ』はこの繰り返される発言を受けて、次のように指摘している。

「ジダンも、彼の意見を認める選手たちも、それだけ明確な考えがあるなら、改善できないのは奇妙なことだ」

「ジダンのスピーチは変わらない。もし違う要因があるとしても、少なくとも現時点で監督は言いたくないようだ。フランス人は敗戦の後、いつだって選手たちを守り、立ち上がりのインテンシティーの欠如だけを唯一批判している」

「ジダンの問題は、ただそう口にするだけでなく、解決法を見つけなければならないことにある。彼は彼のマドリーが信頼するに値しないことを十分に理解している。彼を含めて、誰も例外は存在していない」

レアル・マドリーは22日にチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節、アウェーでのガラタサライ戦に臨む。グループA最下位に沈み、クラブ史上初のグループステージ敗退の可能性もある中で一つの決勝とも見立てられる試合だが、再び立ち上がりにインテンシティーを欠いたとしても、同じスピーチを繰り返すことは難しそうだ。

最終更新:10/21(月) 23:36
GOAL

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事