ここから本文です

「常にノースリーの気持ち」中日2位指名勝ち取った大商大・橋本侑樹“4年間の努力“

10/21(月) 23:02配信

中日スポーツ

 実力もさることながら努力のたまもので勝ち取った上位指名だ。今回のドラフト会議で指名を受けた大商大の3人の中で、橋本侑樹投手(21)は一番早いドラフト2位での指名。もちろん実力が評価されてのことだが「大学4年間、頑張ってきたからこそこういうご褒美があったんでしょうね」と同大硬式野球部の富山陽一監督は目を細めた。

 練習ではすべての投手に3ボールからの投球を意識して練習するように指導している。練習のための練習ではなく、試合での緊張感の中で力を発揮するためだ。多くの選手の中でも橋本は「褒めなくてもできるような子。いつもノースリー(3ボール)の気持ちで投げていた」と練習に取り組む姿勢を評価する。

 「大学でプレッシャーのある厳しい練習をしてきた。ピンチにも動じずに投げられるのがセールスポイント」と本人も語るように、練習の成果は橋本の血となり、肉となっている。

最終更新:10/21(月) 23:02
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事