ここから本文です

強い台風21号 急速に発達し、小笠原諸島に24日(木)頃最接近

10/21(月) 11:20配信

ウェザーニュース

 今日21日(月)9時現在、マリアナ諸島にある強い勢力の台風21号は、衛星画像では中心付近には台風の目が見えるようになりました。

 ▼台風21号 10月21日(月)9時
 存在地域   マリアナ諸島
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     北西 30 km/h
 中心気圧   970 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

 このあともさらに発達しながら北上し、24日(木)頃に小笠原諸島に最も近づく予想です。

小笠原諸島 瞬間風速60m/sの猛烈な暴風のおそれ

 台風21号は24日(木)9時には中心気圧940hPa、最大風速45m/s、最大瞬間風速65m/sと勢力が最も強い状態で小笠原諸島に接近するおそれがあります。

 そのため、60m/sに達する猛烈な暴風が吹くことも想定されるため、小笠原諸島では厳重な警戒が必要となります。

小笠原通過後は関東の東の海上へ

 台風21号は小笠原諸島を通過したあとは、進路をやや東寄りに変えながらさらに北上します。25日(金)から26日(土)にかけて関東の東の海上を通過し、温帯低気圧に変わる予想です。

 東日本や東北に台風本体の雲がかかることはなく、暴風や大雨といった直接的な影響はなさそうですが、停滞する前線が活発化し、25日(金)は強い雨の降るところがありそうです。また、沿岸部では強風や高波に対しても注意をしてください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風21号の名前「ブアローイ(Bualoi)」はタイが提案した名称で、お菓子(デザート)の名前からとられています。

ウェザーニュース

最終更新:10/21(月) 11:20
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事