ここから本文です

NTT東日本と東大、ローカル5Gオープンラボを設立、ビジネス創出を目指す

10/21(月) 17:00配信

BCN

 東京大学と東日本電信電話(NTT東日本)は、日本で初めてローカル5Gを活用できる検証環境「ローカル5Gオープンラボ」を2020年2月に設立する。オープンに参加企業を募り、さまざまな産業プレーヤーとのローカル5Gを活用したユースケースの共創に取り組んでいく。



 5Gを活用した新たなビジネスやサービスを創出するための共創活動が活発になっている。その中で企業や自治体などが周波数を取得できるローカル5Gでは、地域や産業の個別ニーズに応じて、高度な無線環境を局所的に構築することができるため、地域の課題解決やイノベーションの創出に期待されている。

 ローカル5Gオープンラボは、東大本郷キャンパスの大学院情報学環 中尾研究室とNTT中央研修センタに設立予定で、ローカル5G・プライベートLTE(sXGP)の通信環境としてコア、基地局、端末を提供する。またローカル5Gの通信環境に加えて、NTT東日本が18年6月から提供しているAIやIoT技術の共同実証環境「スマートイノベーションラボ」との連携ができる。

 東大とNTT東日本は、環境を整えることで、多様な産業プレーヤーとローカル5Gを活用したユースケースを共創し、社会実装に向けた先端技術を育成していく。

最終更新:10/21(月) 17:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ