ここから本文です

ドルト守護神ビュルキが左ヒザ関節包を損傷…インテル戦に間に合う可能性

10/21(月) 18:40配信

超WORLDサッカー!

ドルトムントは21日、スイス代表GKロマン・ビュルキの負傷状況を報告した。

19日に行われたブンデスリーガ第8節のボルシアMG戦に先発したビュルキは、71分にボールをパンチングした際に負傷。元スイス代表GKマルビン・ヒッツとの交代を余儀なくされた。

その後の検査で、左ヒザ関節包損傷の診断が下ったという。しかし、重症ではなく、23日に敵地で行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節のインテル戦に間に合う可能性がある模様だ。

ビュルキは2015年夏にフライブルクから加入。今シーズンはここまで公式戦10試合に出場し、4回のクリーンシートを達成している。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/21(月) 18:40
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事