ここから本文です

【MLB 優勝決定S】チャップマン、サヨナラ被弾後の“笑み”にファン苦言「なぜ笑顔を…」

10/21(月) 7:10配信

Full-Count

同点に追いついた直後の9回にアルトゥーベにサヨナラ2ラン被弾

■アストロズ 6-4 ヤンキース(優勝決定シリーズ・日本時間20日・ヒューストン)

【動画】なぜ笑ったのか…ヤンキース・チャップマンが痛恨のサヨナラ終戦被弾→笑みを浮かべた瞬間の映像

 ヤンキースのアロルディス・チャップマン投手は19日(日本時間20日)、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第6戦で痛恨のサヨナラ被弾。同点に追いついた9回から7番手として救援し、2死一塁からアルトゥーベに甘く入ったスライダーをサヨナラ2ランとされた。悲劇的な一発でチームの10年ぶりワールドシリーズ制覇への道は絶たれた。

 地元放送局「YESネットワーク」は試合後に取材を受ける剛球左腕の様子を画像つきで紹介。「このような試合に負けるのは腹立たしいよ」と肩を落としているが、ファンからは被弾後に笑みを浮かべるなどした左腕に批判の声が集まった。

「勝負弱いな」
「オプトアウト(契約破棄)してくれ」
「報道が事実で、彼がオプトアウトする事を願っているよ。そのお金でコールとストラスバーグと契約してくれ」
「ヤンキースはこの結末が待っていることを知っていたはずだ」
「彼は負け犬だ。なぜHRを打たれておいて、マウンド上であんな満面の笑顔を見せているんだ」
「ここから去ってくれ。エドウィン(エンカーナシオン)と共に」
「たぶん彼は来年オプトアウトする必要があるかもね……」

 今季は60試合登板し、3勝2敗37セーブ。このポストシーズンは登板前まで4試合連続無失点だったが、初失点がチームの終戦につながった。5年契約3年目だが、今オフに自ら契約を破棄できるオプトアウト権を持っている。チャップマンがどのような決断を下すのか注目だ。

Full-Count編集部

最終更新:10/21(月) 7:10
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ