ここから本文です

DeNA田村が現役引退、1日に戦力外通告 「想像していた以上にレベルが高かった」

10/21(月) 13:16配信

Full-Count

2015年の育成3位、昨年8月に1軍初登板

 DeNAは21日、田村丈投手が現役引退を表明したと発表した。2015年のドラフトで育成3位として指名され、2018年7月に支配下登録。同年8月1日にプロ初登板を果たしたが、1回2失点で、これが唯一の登板となった。

【最新版】各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 田村は球団を通じコメントを発表。「今シーズン限りで引退することを決めました。支配下登録され、2018年8月1日に初登板した試合、ファンの方の大歓声とマウンドから見えた横浜スタジアムの素晴らしい景色は、今でも鮮明に覚えています。活躍することを目指して日々練習に励みましたが、1軍は想像していた以上にレベルが高かったです。今まで応援してくださった方々に感謝し、これからの人生では、プロ野球生活で学んだことを生かしていきたいと思います。たくさんご声援いただき、本当にありがとうございました」と語った。

Full-Count編集部

最終更新:10/21(月) 13:21
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事