ここから本文です

鷹ファンが選ぶ「ベストゲーム2019」は… 明石の劇弾&バク宙、千賀のノーノーが人気

10/21(月) 16:50配信

Full-Count

インサイト編集部が鷹ファンに「ベストゲーム」「今季のMVP」をアンケート

 セ・リーグ覇者の巨人と、「SMBC日本シリーズ2019」を戦っているソフトバンク。2011年に中日、2014年に阪神、2015年にヤクルト、2017年にDeNA、2018年に広島と、ここ10年の日本シリーズでセ・リーグ5球団と対戦し、そのすべてに勝っているため、巨人を敗れば文字通り「セ界制覇」ということになる。

【動画】ホークス明石が劇的サヨナラ3ラン! 秋山ばりのド派手な“バク宙”ホームイン

 2連勝で迎える22日の第3戦から東京ドームに乗り込むソフトバンク。その強さを敵地でも引き続き見せてほしいところだが、ここでは長かったレギュラーシーズンを振り返りたい。「パ・リーグインサイト」編集部は、ヤフオクドームでホークスファンにアンケートを実施し、「2019年ベストゲーム」と「今季のMVP」をピックアップした。

「ベストゲーム2019」は2試合、4月25日のオリックス戦&9月6日のロッテ戦

 4月25日にヤフオクドームで行われたオリックス戦は投手戦となり、9回を終えて0-0。オリックスの先発山本由伸は8回1安打無失点、ソフトバンクの大竹耕太郎は9回途中無失点で降板した。大竹の後を受けたルーキーの甲斐野央は9回1死1、2塁のピンチをしのぎ、デビューから11試合連続無失点というプロ野球新記録を樹立した。

 試合は0-0のまま、延長戦に突入。10回表、オリックス福田周平のヒット性の当たりを今宮健太がファインプレーで食い止め、流れを引き寄せたソフトバンク。その中で、この試合最大の見せ場を演出したのは明石健志だった。10回裏、オリックス山崎福也から無死1、3塁のチャンスを作ると、今季ここまでノーヒットだった明石がライトポール際へ飛び込むサヨナラ3ランを放った。
 さらに、この劇的な一発だけでは終わらず、ダイヤモンドを一周したあとには何と華麗なバク宙でホームイン。1986年、1991年の日本シリーズなどで同じくバック宙で本塁を踏んだ秋山幸二氏(西武)を彷彿とさせるパフォーマンスで、記憶に残る試合を作り上げた。

 9月6日、ヤフオクドームのロッテ戦で先発した千賀滉大は初回から絶好調。1回から4イニング連続で3者凡退という快投で完全に試合のペース引き寄せると、打線も5回裏に女房役甲斐拓也のタイムリーで先制。6回裏にはロッテ・マーティンの落球で2点目を挙げる。

 7回から4者連続三振を奪い、8回までロッテ打線を無安打に抑え込んだ千賀は9回、先頭の田村龍弘、岡大海選手に連続四球を与える。しかし、続く鈴木大地を内野ゴロ、中村奨吾を二飛、井上晴哉を空振り三振に仕留めて見事ノーヒットノーランを達成。パ・リーグでは2014年の岸孝之投手(当時・西武)以来であり、育成出身選手としては史上初の快挙を成し遂げた。

「今季のMVP」は千賀、甲斐野、高橋礼、甲斐の名前が挙がる

 ホークスファンに今シーズンのMVPを聞くと、千賀、甲斐野のほか、高橋礼や甲斐ら、主力選手の名前が挙がった。印象に残っている試合として「柳田悠岐選手が離脱した試合」と答えるファンや「来年はみんなケガをしないで」と切実な思いを口にするファンも。多くの負傷者に苦しんだチームは、今季惜しくもリーグ優勝は逃している。

 それでも得意としている短期決戦で王者西武を破り、日本一を目指して巨人と激闘を繰り広げている。これからもソフトバンクは、ファンの期待を背負う常勝軍団として自慢のスカウト力、育成力を武器に、記憶にも記録にも残るゲームを見せてくれることだろう。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部

最終更新:10/21(月) 16:50
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事