ここから本文です

中国の火星探査機初公開、2020年に打ち上げ予定

10/21(月) 15:00配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国航天科技集団(CASC)が先日、微博(ウェイボー、Weibo)の公式アカウントで火星探査機「真容(Zhenrong)」の写真を初公開した。

【写真】初公開された火星探査機「真容」

 中国空間技術研究院(CAST)の空間科学と宇宙空間探査部門の葉培建(Ye Peijian)首席科学者は取材に応じ、「火星探査の任務はプロセスを踏みながら順調に進行中で、特殊な状況が起きない限り、2020年に探査機を打ち上げる予定。中国共産党の結党100周年(2021年)より前に火星に着陸する計画だ」と語った。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:10/21(月) 22:33
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事