ここから本文です

ポンド下落、英議会はEU離脱協定案の採決先送り

10/21(月) 7:06配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 英議会が19日に英国の欧州連合(EU)離脱協定案の採決を見送ったのを受け、英ポンドはアジア時間21日早朝に一時下落した。ジョンソン首相が議会で離脱協定案の支持を確保できるとの観測を背景としたポンドの4営業日連続高に歯止めがかかった。

ただ、ストラテジストらはポンド安が短命に終わる可能性を指摘する。トロント・ドミニオン銀行の通貨戦略欧州責任者、ネッド・ランペルティン氏は「投資家はさらなる遅延への失望と、最終的に議会を通過する可能性増大とのバランスを取る必要があろう」と指摘。「予期せぬ合意なし離脱のテールリスクは減った」と付け加えた。

ジョンソン首相の新たな離脱協定案の議会採決は先送りされたもののアナリストは依然として強気だ。議会は19日、離脱協定案への正式採決を行う前に全ての関連法案の可決を下院に求める修正動議を可決。これにより首相はEUに離脱期限の延期をさらに要請する法的義務を負うことになる。

英紙タイムズ・オブ・ロンドンは、ジョンソン首相が今週、離脱協定案の支持を確保できない場合、EUは3カ月の延期を認める可能性があると報じた。

原題:Pound Falls as Much-Awaited Brexit Breakthrough Proves Elusive(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Anooja Debnath

最終更新:10/21(月) 7:06
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ