ここから本文です

マンションに生鮮宅配ボックス--生鮮食品EC「クックパッドマート」に集合住宅向けサービス

10/21(月) 15:57配信

CNET Japan

 クックパッドは10月21日、生鮮食品EC「クックパッドマート」において、新たに集合住宅向けサービスを開始すると発表した。

 導入第一号として、三井不動産レジデンシャルの分譲済みマンション「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」(総戸数693戸)の居住者向けに10月24日より提供を開始する。なお、「クックパッドマート」のマンションへの導入は、初めてとなる。

 クックパッドマートは、毎日の料理に欠かせない生鮮食品に特化したECサービス。地域の販売者や生産者の販売する新鮮な食材をアプリから購入可能。購入した商品は、地域の店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」に配達され、利用者が好きな時間に立ち寄って商品を受け取れる。

 また、個別宅配ではなく、複数の利用者の商品を受け取る場所(マートステーション)とする共同配送の仕組みで配送効率を高め、1品から送料無料で当日集荷・配送を実現。2018年9月よりサービス開始し、現在は東京都23区内・神奈川県横浜市、川崎市にてサービスを提供している。

 今回の導入では、集合住宅共用部に生鮮宅配ボックス「マートステーション」が設置される。同サービスでは、関係者のみ利用可能にするセキュリティ機能(スマートロック)を搭載しており、今回設置する「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」でも居住者のみが利用できるように設定されているという。

最終更新:10/21(月) 16:19
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事