ここから本文です

コンディション向上の左SB石井、「左」で今年こそ帝京を全国に導く:東京A

10/21(月) 19:27配信

ゲキサカ

[10.19 選手権東京都Aブロック予選2回戦 青山高 0-6 帝京高 駒沢2]

 注目SBが明らかにコンディションを上げてきている。帝京高の左SB石井隼太(3年)は昨年からのレギュラー。高精度の左足を持つ石井は2年時からプレースキッカーを任され、貴重なゴールを演出してきた。

 昨年末のフェスティバルで怪我を負って離脱した影響もあったか、春頃は左足の精度もまだまだな印象だったが、この日は高精度のキックと余裕のある動きを連発。目立つプレーで快勝に貢献した。

 個人的には「オーバーラップとかチャンスも作れたと思う」と振り返る。左サイドの深い位置からゴール前の状況をよく見てクロスや折り返しを選択。パスがズレる選手が多かった帝京の中でさすがの精度を見せていた。

 ただし、得点後に気が緩んで判断が遅くなってしまっていたことを反省。これからの戦いの中でチームに昨年の経験を伝え、自身もプレーで引っ張って、昨年敗れた決勝を乗り越える意気込みだ。「去年は自分があんまりチャンスを作れなかったんですけれども、今年は自分がアシストしたり、ハードワークしたりしてチームに貢献したい」。チームにプラスアルファをもたらし、必ず帝京を全国へ導く。

最終更新:10/21(月) 19:27
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事