ここから本文です

昨年はエースFWとして全国でもゴール。駒澤大高CB原田は今年、守備の柱として全国へ:東京B

10/21(月) 23:35配信

ゲキサカ

[10.19 選手権東京都Bブロック予選2回戦 駒澤大高 0-0(PK6-5)日体大荏原高 駒沢2]

 今年は、守備の柱として駒澤大高を全国へ導く。CB原田大渡(3年)は昨年、2年生ながら強豪校の10番を背負い、FWとして駒大高の優勝に貢献。選手権開幕戦(対那覇西高)で先制ゴールも決めている。だが、今年は元々務めていたCBへ再コンバート。守備の中心選手としてチームを支えている。

 この日は日体大荏原高のFW堀下勇輝(3年)の球際の強さに手こずった。「10番(堀下)の選手は物凄く身体が強くて、あんなに来ると思っていなかった」と振り返る。それでも、高さと対人守備の強さを活かして難敵をゴールには近づけず。無失点で勝利し、「ゼロで抑えられたことは良かった」と喜んだ。

 後半終了間際に決定的なバイシクルシュートを放つなど“元FW”の得点感覚も示していたが、本人は守備でチームを勝たせる考えだ。「去年で言うと、(前主将の齋藤)我空さんのような立場で、後ろから声を出したり鼓舞していかないといけない」。相手FWを完全に封じることのできなかった日体大荏原戦は課題の残る試合。齋藤のように、気持ちと身体能力で相手を封じ込むようなプレーと声でチームを鼓舞して白星をもたらす。

 今大会の目標は無失点優勝だ。「無失点優勝は(コンビを組む小林)泰晟とも話しているので、(全試合)完封で優勝できるようにしたい」。堅守・駒澤大高の中心選手として、絶対に得点は許さない。

最終更新:10/21(月) 23:35
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事