ここから本文です

ユニクロ公式、韓国での「CM炎上」に見解 80年前「忘れた」は歴史歪曲?→「年齢差をより分かりやすいように...」

10/22(火) 0:17配信

J-CASTニュース

 ユニクロがYouTube上で公開したCM動画の表現をめぐって韓国で批判が寄せられていることについて、ユニクロを展開するファーストリテイリングは2019年10月21日、J-CASTニュースの取材に対し「ご指摘を重く受け止めております」との見解を示すとともに、CMの意図を改めて説明した。

 13歳と98歳の女性の会話で展開されるこのCMには、80年前のことを「忘れた」というセリフがあるが、当時は日本が韓国を併合していた時代。韓国メディアで「歴史歪曲とも解釈できる」との指摘があがったほか、動画コメントにも批判の声が寄せられ、韓国でのCM放映を取り下げていた。ファーストリテイリングは元々のCM表現の意図について「『Beyond Generations』をテーマに、年齢差をウイットのある言葉で表したいと思い、上記の表現を使用しました」と説明している。

■13歳と98歳の女性が会話するCMで...

 ユニクロはCM動画「フリース25周年 Conversation 30sec. UNIQLO 2019 Fall/Winter」と、その15秒版を2019年10月1日に公開した。

 いずれも外国人女性のファッションデザイナー(13歳)と服飾品コレクター(98歳)が会話する内容で、13歳女性が「How did you used to dress when you were my age?(日本語字幕=私の年齢の時は、どんな格好をしてたの?)」と尋ねると、98歳女性は

  「Oh my god, I can't remember that far back.(同=昔のことは、忘れたわ)」

と答える。13歳女性が「フフッ」と笑い、CMは終わる。

 このセリフに反応したのが韓国だった。現在の98歳にとって13歳当時は1930年代。韓国併合によって大韓帝国が大日本帝国の統治下にあった時代であり、日本企業がCMとはいえ98歳女性の口から「忘れた」という言葉が出ることに、批判的な見方が相次いだ。

1/2ページ

最終更新:10/23(水) 11:44
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事