ここから本文です

「Steam Remote Play Together」ベータ開始!ローカルマルチゲームがオンラインでプレイ可能に

10/22(火) 9:00配信

Game Spark

Valveは、ゲーム配信プラットフォームSteamの新機能「Remote Play Together」のベータテストを開始しました。

大きな写真で詳しく見る

「Remote Play Together」は、オンラインではない多人数プレイ、いわゆる「ローカルマルチ」ゲームをSteamを介してオンラインプレイできるもの。利用方法は簡単で、ストアページに「Remote Play Together」の記載のある対応ゲームにおいて、ゲーム起動中、Steamオーバーレイなどからフレンドをクリックし「Remote Playに招待する」コマンドを選択するだけ。


招待を受けたプレイヤーは通常のSteamを介したオンラインマルチの招待同様のウィンドウが開くので、「ゲームをプレイ」を選びましょう。一旦接続した後は、各プレイヤーに許可する入力方法の選択や、ゲーム音量の設定、ボイスチャットの音量設定や、キックなども可能です。


筆者がプレイした限りでは、画質などは通常のSteamブロードキャスト同様。気になる遅延については『ファイプロ ワールド』が高難易度でも一応プレイ可能、といった具合なので大半のアクションゲームであれば許容範囲になるのではないでしょうか。


ただし、仕方ないとは言え、ユーザーが独自に登録した非Steamゲームなど、Steamストア側でローカルマルチへの対応が設定されていないゲームでは機能は利用不可。また、コントローラーの対応にはSteamのコントローラー設定機能を使用するので、同設定の有効化で不具合が発生するゲームや、Steamオーバーレイ未対応ゲームでも利用は難しいでしょう。

ゲーム画面からフォーカスが外れると自動的に配信も中断される安心仕様
しかし、非常に手軽に、かつセキュリティへの影響が低い形で、「ローカルマルチ」タイトルのオンラインプレイが可能になる魅力的な同機能。ベータ期間中にはさまざまなハードウェアでのネットワークの安定性と互換性の改善などが予定されています。

今後、ローカルマルチオンリーだった多くのインディー作品に光が当たることに期待しましょう。画像は飼い主を引きずり回し街を破壊しながら骨を集める対戦犬アクション『PLAY DOG PLAY TAG』
「Remote Play Together」はSteamのベータ版クライアントにて利用可能です。

Game*Spark Arkblade

最終更新:10/22(火) 9:00
Game Spark

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事