ここから本文です

ローカルマルチプレイゲームをオンライン経由で一緒にプレイ可能にするSteamの新機能“Remote Play Together”のβ提供が開始

10/22(火) 12:12配信

ファミ通.com

文:ミル☆吉村

 ValveのPCゲーム配信プラットフォームSteamで、予告されていた新機能“Remote Play Together”がテスト提供開始。Steamのベータ版クライアントから利用できる。

Steamのローカルマルチプレイゲームをオンライン経由でプレイ可能にする公式機能“Remote Play Together”が発表。月末にβ実装予定
https://www.famitsu.com/news/201910/10184897.html

 Remote Play Togetherは、ストリーミング技術を応用することでローカルマルチプレイゲームをオンライン経由で遊べるようにするというもの。ホスト側プレイヤーがゲームを所有してインストールしてあれば、ゲスト側プレイヤーが持っていないゲームでも一緒に遊ぶことができるという。

 機能を利用するには、まずSteamクライアントからプレイしたいゲームを起動し、続いて(Steam本体の)フレンドリストから招待したい友達を選んで“Remote Play Together”を選ぶだけ。

 なお現状では合計で最大4人のプレイヤーが遊べるものの、Valveの告知文によると“理想としてはさらに多くのプレイヤー”に対応可能なようだ。Steam上ではRemote Play Together対応ソフトのカテゴリーも作られているので、気になる人はチェックされたし。

最終更新:10/22(火) 12:12
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事