ここから本文です

23、24日機体大型化 全日空東京便

10/22(火) 0:59配信

北日本新聞

 北陸新幹線東京-富山・金沢間の運休を受け、全日空は23、24の両日、富山-東京便の一部の機体を大型化する。提供座席数は両日合わせて754席増となる。新幹線の運行が再開する25日以降は、大型化や臨時増便をしない方向だ。

 平常時の東京便はボーイング737-800(166席)を基本的に使っている。23日は午前の1往復で機体をボーイング767-300(270席)、午後の1往復をボーイング787-800(335席)に大型化する。24日は午前の1往復でボーイング767-300を使う。

最終更新:10/22(火) 12:14
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事