ここから本文です

長﨑、木原ら4選手、全勝で初日終える<2020年世界卓球 日本代表第1次選考会・女子>

10/22(火) 22:09配信

Rallys

<2020年世界卓球日本代表第1次選考会 2019年10月22日~10月23日>

赤羽体育館にて、2020年世界卓球選手権釜山大会(団体戦)男女日本代表選手第1次選考会が開催された。全日本社会人やインターハイの優勝者など各カテゴリーのトップ選手男女12名ずつが集結し、6人1リーグで競い合った。1次選考会初日の22日は、3試合が行われた。

【写真】令和の星・15歳木原美悠も全勝で折り返し

女子初日は木原、出澤、長崎、成本が全勝で終える

観覧無料とあって、多くの卓球ファンが見守る中での開催となった本選考会。女子のドローは以下の通りとなった。

<女子A>
木原美悠(JOCエリートアカデミー)
木村光歩(中国電力)
出澤杏佳(大成女子高校)
小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
張本美和(木下グループ)
安藤みなみ(十六銀行)

<女子B>
野村萌(デンソー)
出雲美空(遊学館高校)
長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)
成本綾海(中国電力)
阿部愛莉(デンソー)
森さくら(日本生命)

女子Aでは木原と出澤が3戦全勝で初日を終えた。

2019年全日本では準優勝を果たし、国際大会でも実績を残す15歳・木原は「あまり思い通りのプレーが出来なかった。足も動いてなかった」という初戦の張本戦をゲームカウント3-1で勝利すると、そこから2連勝を収めた。「久しぶりの日本の大会。少し緊張、気持ちの面でやりにくさがあった」と試合を振り返り、「自分より強い選手が多いので向かって行くしかない。世界選手権には絶対に出場したい。明日の2試合、足を動かして自分のいつも通りのプレーをしたい」と明日に向けて意気込みを語った。

一方の女子Bでは長﨑と成本が全勝で明日を迎える。

参加選手の中で最年長、過去に大学女王にも輝いた経験を持つ成本は「バックの回転に頼らずにフォアで攻められたのが良かった点。今日は自分の出来ることをやり切れた」と勝因を述べた。

元世界ランク1位の朱雨玲(ジュユリン・中国)を今年2度下すなど好調ぶりを見せる長﨑は、「異質(ラバー)の選手が多かった。正直得意ではないが、1試合1試合集中出来た」と勝利をもぎ取った我慢の卓球を振り返った。

長崎は23日、成本と森との対戦を控えている。「成本選手にはチェコオープンで負けている。今回どれだけ出来るかを試合の中で試したい。森選手はいつも選考会で当たる。今回対戦する中で唯一裏裏(両面裏ソフトラバー)の選手。異質の中で裏と当たるのは難しい。しっかり準備したい」と翌日に控える対戦に頭を切り替えていた。

女子初日結果

<女子A>
木原美悠  3勝0敗
出澤杏佳  3勝0敗
安藤みなみ 2勝1敗
小塩遥菜  1勝2敗
張本美和  0勝3敗
木村光歩  0勝3敗

<女子B>
長﨑美柚 3勝0敗
成本綾海 3勝0敗
野村萌  1勝2敗
森さくら 2勝1敗
出雲美空 0勝3敗
阿部愛莉 0勝3敗

ラリーズ編集部

最終更新:10/23(水) 13:10
Rallys

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事