ここから本文です

タイガー・ウッズは日本の2グリーンに「?」 スキンズでは笑いも…

10/22(火) 12:04配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ZOZO Championship 事前情報◇22日◇アコーディア・ゴルフ習志野CC(千葉県)◇7041ヤード・パー70>

シブコとウッズが夢のツーショット!【大会ライブフォト】

タイガー・ウッズ(米国)が13年ぶりに日本での実戦に登場した。24日(木)に千葉県で開幕する米国男子ツアーの「ZOZO Championship」を前に、21日(月)にはテレビマッチの「ザ・チャレンジ:ジャパン・スキンズ」に出場。約2000人のギャラリーの前でその雄姿を披露した。

5回目の左ヒザの手術後、約2カ月ぶりのプレーということで、「最初はひどかったね(笑)。ショットもバラバラ」。序盤はフェアウェイにもいかずグリーンもヒットできずという状態だったが、徐々にエンジンがかかってきたウッズは、後半挽回しファンを魅了するプレーを見せた。

ひとホールごとに賞金を奪い合うスキンズマッチとあって、出場したウッズ、松山英樹、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)の舌戦にも注目が集まったが、そんな不調だったウッズにも口撃が向けられた。

今大会の4番ホール(パー4)は、米ツアー初となる2つのグリーンを使い分けるホール。日本では多い2グリーンも海外の選手にとっては“???”と困惑を誘うものだ。この日の4番では、ウッズのセカンドショットは、両グリーンのあいだへ。「どっちを狙って打ったの?」とデイがタイガーに聞くと、「自分でもどっちを狙ったのか、とよく分かっていない…」と、少し戸惑い気味だった。

そんな掛け合いも昨日まで。ここからは日本初開催の米ツアー覇者を狙い、78人がガチンコモードで激突する。「世界ランキングを維持して、来年の東京五輪に出たい」としたウッズ。まずは、最強ライバルたちを倒して、14年ぶりの日本3勝目を目指したい。

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/22(火) 12:04
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事