ここから本文です

【天皇賞・秋】超豪華メンバーによる頂上決戦/JRAレースの見どころ

10/22(火) 10:00配信

netkeiba.com

 現役最強牝馬アーモンドアイ、3歳世代の代表サートゥルナーリアを始め、GI馬が10頭参戦。頂上決戦を制するのは果たしてどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■10/27(日) 天皇賞・秋(3歳上・GI・東京芝2000m)

 アーモンドアイ(牝4、美浦・国枝栄厩舎)はここまで国内外でGIを5勝。前走の安田記念は3着に敗れたが、発馬直後の不利が響いた結果であり、現役最強牝馬という評価は揺るがない。休み明けでも調整は順調で、6つ目のGIタイトル獲得に期待が掛かる。

 サートゥルナーリア(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)はここまで6戦5勝。敗れたのは出遅れた日本ダービーのみとまだ底を見せていない。今回は古馬一線級との初対決で試金石の一戦となるが、どのような走りを披露するか。鞍上はC.スミヨン騎手。

 ダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)は春の安田記念で16着。スタート後の不利もあり力を出し切れずに終わったが、能力全開なら巻き返しは必至。休養を挟んで立て直してきたここで改めて注目したい。

 その他、昨年のダービー馬ワグネリアン(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、大阪杯を制したアルアイン(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、毎日王冠2着のアエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)、香港・QE2世Cの覇者ウインブライト(牡5、美浦・畠山吉宏厩舎)、宝塚記念3着以来のスワーヴリチャード(牡5、栗東・庄野靖志厩舎)、新潟記念で重賞2勝目を挙げたユーキャンスマイル(牡4、栗東・友道康夫厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

最終更新:10/22(火) 10:53
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事