ここから本文です

改元を記念し東屋建立 御用邸の町 記念コンサートも開催

10/22(火) 8:00配信

カナロコ by 神奈川新聞

 御用邸のある神奈川県葉山町で20日、改元を記念して南郷上ノ山公園(同町長柄)に建立された東屋(あずまや)のお披露目式が行われ、関係者ら約80人がその完成を祝った。

 町では新天皇陛下の即位と上皇さまの退位を祝うため、町民有志25人が昨年11月に「町改元奉祝実行委員会」を結成。「即位礼正殿の儀」がある22日には記念式典とコンサートを催すなど、さまざまな企画を打ち出している。

 東屋の整備もその一環。「何か形に残るものを作りたい」と考え、以前から休憩所設置の要望が寄せられていた同公園に、町民が集える東屋を整備することに決めた。町住宅協会や専門業者が協力して9月上旬に工事に着手し、町が実行委に支出した480万円の補助金を材料費に充てた。

 完成した東屋はヒノキ製の銅葺き屋根で、高さ約5メートル。椅子代わりに切り株を再利用している。

 東屋周辺には天皇陛下、上皇さまの「お印」である「梓(あずさ)」と「栄(えい)」の計2本が植樹され、お披露目式では園児らが水やりをした。

神奈川新聞社

最終更新:10/22(火) 8:00
カナロコ by 神奈川新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事