ここから本文です

<塚本高史>「結婚できない男」シリーズ化を希望 13年ぶりに共演した阿部寛“桑野”の変化とは?

10/22(火) 19:20配信

まんたんウェブ

 2006年7~9月に放送されたドラマ「結婚できない男」に続き、続編「まだ結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)に出演している俳優の塚本高史さん(36)。同作が13年ぶりに復活したことについて、「今来たか!と(笑い)。さらに13年たった設定と聞いたので楽しみでもありました」と笑顔を見せる。「寅さんじゃないですけど、毎年やって、シリーズ化しても面白い作品だと思う」と話す塚本さんが、13年ぶりに共演した阿部さんとのエピソードや、阿部さん演じる主人公・桑野信介の変化について語った。

【写真特集】13年ぶりでもナイスコンビ! 阿部寛“桑野”&塚本高史“英治君” 第3話ではあのパグ犬と桑野が再会を果たす!?

 ◇「結婚できない男」続編に「うれしい」

 「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野(阿部さん)が、女性との出会いをきっかけに少しずつ変化して行く日常を描き、話題となった。続編は、前作から13年後が舞台。変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という桑野の日常を描く。前作に続き、尾崎将也さんが脚本を担当している。

 前作の時に23歳だった塚本さんが演じる村上英治は、桑野の建築事務所のアシスタントだったが、13年の時を経て、続編では共同経営者となった。「今の自分があるのは桑野のおかげ」と感謝しているが、決して桑野のまねはせず、奈緒さん、荒井敦史さんが演じるアシスタントと共に仕事をしている。また、住宅プロデュース会社の森山桜子(咲妃みゆさん)に好意を抱いている……という役どころだ。

 「前回に出演したときは20代で、作品を良くしようというよりも、英治という役を全うすることに精いっぱいで周りが見えていなかった。でも作品はすごく評価されていて、今でも『あの作品が好きです』と言ってもらえて、(続編は)率直にうれしかったですね」と塚本さんは振り返る。

 阿部さんとは前作が初共演で、今作で2回目の共演。13年ぶりの共演となる阿部さんについて、「13年前に一緒にやった思い出と記憶があるから、本当にびっくりするぐらい、あの“桑野さんと英治の関係”にも、すんなり戻れました」と明かす。阿部さんとは「お互いの家族の話をするようになった」といい、「13年前は絶対できない父親トークもしています」と話している。

1/2ページ

最終更新:10/22(火) 19:20
まんたんウェブ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事