ここから本文です

次代リーダー姫野和樹「これからが大事」色あせぬ偉業!史上初の8強進出

10/22(火) 7:30配信

デイリースポーツ

 W杯準々決勝で敗退した日本代表が21日、都内で会見し、ナンバー8の姫野和樹(25)=トヨタ自動車=は「これからが大事」と4年後のフランス大会を見据えた。

【写真】超貴重!“笑わない男”稲垣がうっすら笑ってる!?かもしれない

 4年後、そしてその先まで、この熱は絶やさない。今度は自分が先頭に立って-。次代のリーダーとして期待されるナンバー8の姫野は「本当にこれだけラグビーで盛り上がって、うれしく思う。サポートする選手もそうですし、スタッフもそう、そういった一人一人のハードワークが、多くの国民の皆さんに感動を与えることができたんじゃないかな」と初の夢舞台を振り返り、そして誓った。

 「これからがラグビー界にとって大事になってくると思うので、ラグビーの魅力を発信していけるようにやっていきたい」-。

 “名”を上げた大会だった。チームの核として1次リーグ4試合フル出場。密集状態から相手ボールを奪う「ジャッカル」を要所でさく裂させ、チームの危機を救った。南アフリカや英国といった強豪国メディアによる1次リーグのベスト15にも選出。その力は間違いなく世界に通じた。

 南アフリカとの激闘後、自身のインスタグラムでロッカールームの様子を投稿した。そこには選手、スタッフ全員で、「ビクトリーロード」を歌う姿が映し出されていた。そして姫野はこう書き込んだ。「この悔しさを忘れず、僕はもっともっと強くならなきゃいけない。絶対に強くなってみせる。。」と。

 4年に1度の祭典が終われば、チームは世代交代の時期を迎える。それでもこの最高のチームが切り開いた道は、この25歳が閉ざさせない。この道の先に、再び笑える日がくると信じて、背番号8は走り続ける。

最終更新:10/22(火) 8:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事