ここから本文です

【DEEP】柔道の小見川道大が毛利昭彦に打撃でTKO勝利

10/22(火) 23:31配信

イーファイト

DEEP事務局
『DEEP 92 IMPACT』
2019年10月22日(日)東京・後楽園ホール

【フォト】小見川のパンチが毛利の顔面にヒット

▼第8試合 フェザー級 5分3R 
○小見川道大(NEO JUDO ACADEMY)
TKO 3R1分49秒 ※レフェリーストップ
●毛利昭彦(毛利道場)

 小見川はUFC、戦極、DREAM、ROAD FC、DEEPなど多くの団体を渡り歩いてきたベテランファイター。近年は異種格闘技戦などのリングに上がりMMAから離れていたが、今年6月のDEEPでは3年4ヶ月ぶりのMMA戦で見事な一本勝ちを収め健在ぶりをアピールしていた。
 対する毛利はHERO’SやDEEPで活躍し、毛利元就の末裔として話題となった。

 毛利が飛びヒザ蹴りを打ち込むと、小見川は足をかけテイクダウン。バックマウントからパウンドを見せる。2Rは一転して打撃戦となり、小見川が左右フックをヒットさせ毛利は鼻血を出すも応戦の手を止めない。
 3R開始前に毛利の鼻血にドクターチェックが入るが再開。しかし小見川の左右のフックを何度も被弾し再び毛利の鼻から大量の出血が見えると、今度はドクターチェックも入れないままレフェリーが試合をストップした。

最終更新:10/23(水) 5:00
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事