ここから本文です

阪神・糸原が右大腿部後方の筋挫傷 秋季練習を欠席、治療

10/22(火) 11:23配信

デイリースポーツ

 阪神の糸原健斗内野手(26)が22日、右大腿(だいたい)部後方の筋挫傷を発症していることが分かった。同日、球団広報から発表された。

【写真】阪神育成1位の小野寺 悔し涙「母子家庭なので育成と支配下では全然違う」

 球団広報によると、クライマックスシリーズ(CS)での戦いが終了するまでは、我慢しながらプレーを続けていたという。チームはCSファイナルSで敗退後、14日から21日までが休日で、その期間中に大阪府内の病院に向かった。

 この日からチームは甲子園球場で秋季練習を開始したが、主将は室内で治療。あす以降は鳴尾浜でリハビリを行う見通しだ。

最終更新:10/22(火) 11:35
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事