ここから本文です

白鵬、巡業先で即位儀式見詰める 9月に日本国籍取得

10/22(火) 16:45配信

共同通信

 モンゴル出身で9月に日本国籍を取得した大相撲の横綱白鵬関(34)は高知県安芸市で行われた秋巡業の休憩時間などに、スマートフォンで儀式の様子を見詰めた。「今日という日に横綱土俵入りや相撲を見せることができて良かった」と感慨深げだった。

 力士は天皇賜杯を目指し精進を重ね、天覧相撲は晴れ舞台。史上最多の42度優勝を誇る白鵬関は「励みをいただいている。感謝の思いしかない。これからも喜んでいただけるような相撲を取っていきたい」と誓った。

最終更新:10/22(火) 17:18
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい