ここから本文です

キラー・カーン氏が約11年ぶりの後楽園でJEWELS生観戦 KINGの失格に「プロ失格だね」

10/22(火) 13:45配信

スポーツ報知

◆DEEP JEWELS 26(22日、後楽園ホール)

 “蒙古の怪人”として米国でトップヒールだった元プロレスラーのキラー・カーン(本名・小沢正志)氏(72)が22日、東京・後楽園ホールで開催された「DEEP JEWELS 26」を観戦のため訪れた。プロレス界から遠ざかっているカーン氏が、後楽園ホールに姿を見せるのは、2008年の「昭和プロレス」で歌謡ショーを行って以来11年ぶりとなる。

【写真】キラー・カーン氏がKINGレイナと意気投合

 観戦目的は、親交のある女子格闘家、KINGレイナ(23)を応援するためだったが、レイナが、前日計量で2.3キロオーバーと規定体重まで落とせず失格処分となってしまった。

 カーン氏は、9月23日に「居酒屋カンちゃん」で開催したトークショーで、プライベートで訪れていたレイナをお客さんに紹介。店ではチケットを勧めるなどしていたため、「お客さんに声をかけた手前、来ないわけにはいかないから」と律儀に来場した。

 「どんな理由があっても試合ができなくなるのは、プロ失格だね」と話しながらも、レイナの失格には少し寂しそうな表情を浮かべていた。195センチの巨体の来場でファンサービスにも貢献していた。

最終更新:10/22(火) 13:51
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事