ここから本文です

ソフトバンクそつなく勝ち越し 犠打で失策誘い、長谷川勇が犠飛 デスパイネ2点打

10/22(火) 20:00配信

デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第3戦、巨人-ソフトバンク」(22日、東京ドーム)

 ソフトバンクがそつのない攻撃で勝ち越しに成功した。

 2-2で迎えた四回、巨人の3番手・戸郷に1死から内川が左前打、甲斐が四球を選び一、二塁とした。ここで投手のバンデンハークが投手へのバントをし、戸郷は三塁へ送球。後逸は岡本が防いだものの悪送球となり満塁となった。

 右打者の川島に代わっての代打・長谷川勇はレフトへの犠飛を放ち勝ち越しに成功した。

 さらに続く今宮の三塁へのゴロが内野安打になり再び満塁となると、柳田が押し出しの四球を選び、1点を追加。レフトを守って4番に入っているデスパイネの2打席連続タイムリーでさらに2点を追加した。

最終更新:10/23(水) 22:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事