ここから本文です

詐欺グループの兄弟を再逮捕 三重県警

10/22(火) 11:00配信

伊勢新聞

 キャッシュカードをだまし取り、ATM(現金自動預払機)から現金を引き出したとして、三重県警捜査二課などは21日、詐欺と窃盗の疑いで、東京都港区、会社員山元聖作容疑者(54)=別の詐欺事件で起訴=を再逮捕した。逮捕は4回目。

 逮捕容疑は2月28日から3月11日までの間、詐欺グループのメンバーと共謀し、トラブルの回避名目で富山県黒部市の70代無職女性にキャッシュカード2枚を郵送させてだまし取った上、都内のATMから現金82万7千円を引き出して盗んだ疑い。

 また、このだまし取ったカードを使い、ATMから現金を引き出したとして、捜査二課などは21日、窃盗の疑いで、山元容疑者の弟で東京都港区、会社役員山元聖三容疑者(47)=別の詐欺事件で起訴=を再逮捕した。逮捕は3回目。

 逮捕容疑は3月11日、この女性からだまし取ったカードで都内のATMから被害合計額約82万円のうち、33万7千円を引き出し、盗んだ疑い。県警は2人の認否を明らかにしていない。

 県警によると、この詐欺グループは全国8県で約3500万円をだまし取ったとされており、これまでに押収したうその電話を掛ける「かけ子」の携帯電話の履歴などから今回の容疑が浮上した。聖作容疑者は指示役と現金を引き出す「出し子」、聖三容疑者は出し子とみられる。

伊勢新聞

最終更新:10/22(火) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事