ここから本文です

旧日本海軍の空母「加賀」「赤城」発見 太平洋戦争で沈没

10/22(火) 12:13配信

FNN.jpプライムオンライン

FNN.jpプライムオンライン

太平洋戦争で沈没した、旧日本海軍の空母を発見したと、アメリカの調査チームが発表した。

見つかったのは、旧日本海軍の空母「加賀」と「赤城」で、北太平洋・ミッドウェー沖の5,000メートル余りの海底で発見された。

2隻は、太平洋戦争で、日本の戦況が悪化するきっかけになったといわれる、1942年のミッドウェー海戦で、アメリカ軍との戦闘の末に沈没した。

調査チームは、これまでにも戦艦「武蔵」などを発見していて、今回の成果について、「第2次世界大戦における、重要な戦いに対する新たな見方を示すだろう」とコメントしている。

FNN

最終更新:10/22(火) 12:13
FNN.jpプライムオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事