ここから本文です

秋の行楽シーズンに行きたい!LCCが提案する“癒やし旅“

10/22(火) 12:02配信

テレ東プラス

秋の行楽シーズンを迎え、顧客の開拓に勝負をかける航空会社に密着。“新たな旅の魅力“をテーマに繰り広げられる、熾烈な集客合戦の舞台裏を追う。

突然の経営統合 国内3位の航空会社へ

近年、ANA ・JALに続く「第三の翼」と呼ばれるエアラインが日本でも定着し、競争が激化している航空業界。多くの情報が溢れ、人々の好みが多様化するなど、業界を取り巻く環境が変化する中、航空会社は生き残りを賭けた新たな展開を模索していた。

去年11月、成田国際空港に姿を見せたのは、航空会社「ピーチ・アビエーション」の井上慎一代表取締役社長と森健明取締役副社長。向かった先はライバル会社「バニラエア」のオフィス。仕事を中断して立ち上がる社員たちに向けて、井上社長が挨拶で述べたのは、なんと自身がバニラエアのトップに就任する、ということ。突然の経営統合発表だ。バニラの社員たちは戸惑いを隠せない。

ピーチは2011年に誕生した日本初の格安航空会社。東京から沖縄まで片道5690円から行くことができ、格安運賃を武器に利用者を増やしてきた。低価格を実現するために、チェックイン作業を完全自動化したり、座席の間隔を狭めて席数を増やしたりするなど、様々な工夫を凝らし国内の格安航空会社では抜群の収益性を誇っている。今回両社の株主であるANAの意向もあり、業績不振のバニラをピーチが統合する。これにより、国内21路線、海外19路線を展開する国内第3位の航空会社となった。

森副社長は早速バニラの赤字路線を立て直すため、路線担当者への聞き取りを始める。バニラエアは、レジャー・リゾート路線を売りにスタートした会社。そのひとつである奄美大島への路線は、格安航空では初の就航で、地元は大歓迎していた。観光客も増え、当初は「バニラ効果」ともてはやされた。しかし近年は、夏のハイシーズン以外の集客に苦戦。広告やパンフレットでも奄美大島の真の魅力を伝えきれていなかった。

森副社長は、このような赤字路線の採算化へ向け、観光資源の開発をテーマに挙げる。奄美線はピーチが引き継ぐが、赤字が続けば廃線に追い込まれる崖っぷちの状況にあった。

7月、新たな観光開発を始めるため、ピーチのチームが奄美大島へ。その中の1人、山崎綾さんはバニラ創業からの生え抜き社員。これまで奄美線のPRを手がけてきたこともあり、今回のチームに志願した。山崎さんは地元の人たちと共同で奄美の売り出し方を考える。

1/2ページ

最終更新:10/22(火) 12:02
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事