ここから本文です

東海・関東は午前中が雨のピーク 東北は太平洋側中心に雨 晴れる西日本は夏日の所も

10/22(火) 6:11配信

ウェザーマップ

 きょう22日(火)は東日本や東北を中心に広く雨で、大雨になる所がある。特に東海や関東では昼前にかけては、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあり、警戒が必要だ。特に台風19号の被災地では少しの雨でも危険な状況が続いているため、引き続き、土砂災害や河川の増水、氾濫、低地の浸水などに厳重な警戒が必要となる。また、広い範囲で強風や高波にも注意が必要だ。

東海・関東の雨のピークは明け方~朝

 午前5時現在、紀伊半島から東北南部にかけて広く雨雲がかかっている。特に関東に活発な雨雲が見られ、伊豆諸島では猛烈な雨が解析された所もある。
 また、静岡県や関東の沿岸部では風も強まっている。 東海や関東の雨・風のピークは明け方から朝にかけてになるが、その後も雨が降りやすく、昼前までは非常に激しい雨や雷雨になる所がありそうだ。

東北も雨つづく 被災地は少しの雨でも厳重警戒

 また、東北も太平洋側を中心に夜にかけて雨が降りやすく、まとまった雨になる見通し。台風19号の被災地では少しの雨でも危険な状況が続いている。この雨による二次災害が発生するおそれがあるため、厳重な警戒が必要だ。
  一方で、西日本や北海道は晴れる所が多い見通し。

雨が降る所は日中も空気ヒンヤリ

 日中の気温は東日本や東北ではあまり上がらず、きのうより低い所が多くなる。一方、西日本では25℃以上の夏日になる所もあり、高知は28℃まで上がる予想だ。
(気象予報士・多胡 安那)

最終更新:10/22(火) 6:19
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事