ここから本文です

鈴村健一 台風19号の復旧対応に「スピード感はとても大事」

10/22(火) 17:40配信

TOKYO FM+

◆KEY NUMBER

声優としても活躍中の鈴村健一(月~木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、10月14日(月・祝)~10月18日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。

【写真を見る】鈴村健一(1人おいて)ハードキャッスル エリザベス

◆約3万1000人

先日発生した台風19号による甚大な被害に対し、防衛省は陸海空自衛隊約3万1000人による「統合任務部隊」を編成しました。災害派遣での編成は2011年の東日本大震災、2013年の伊豆大島土砂災害、2016年の熊本地震に続き4例目です。

鈴村は、「本当に大きな災害だったんだと、改めて感じます。でも、僕らはここからいろいろなことを復興していかなければならないし、みんなで協力し合いながらやっていかなければ。自衛隊の方々が派遣され、力を貸してくれていますが、僕らも日常のなかで何かできることがあると思う。助け合いながらいろいろと向き合っていきたい」と思いを語りました。

◆67万立方メートル

埼玉県春日部市にある「首都圏外郭放水路」が、川の氾濫を防ぐために活躍しています。これは、地下50メートルを流れる世界最大級の地下放水路で、全長6.3キロあり、俗に“地下神殿”とも言われているとか。そして、ここで一度に貯められる水量67万立方メートルは、池袋の「サンシャイン60ビル」の容積と同じくらいなのだそうです。

鈴村は、「すごい量だ……。この地下放水路があるおかげで、みんな助かっているわけですよね。こうして手も打っていて、やれることは精一杯やっているけど、(災害対策が)これでもまだ足りないのも事実なのかもしれない」と感想を口にします。

◆5000億円

政府は、台風19号の復旧対応について、今年度予算の予備費5000億円を活用することを決めました。安倍首相は、昨今の災害被害の甚大化を踏まえ、予備費を活用することで対応に万全を期していくと話しています。

鈴村は、「こういうときのスピード感はとても大事。激甚災害に指定してもらわないとできないこともある。いろいろな手続きがあるのだとは思うけど、できるだけ早い対応がいいと思う」と被災者を慮っていました。

1/2ページ

最終更新:10/29(火) 15:57
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事