ここから本文です

2020年世代を引っ張る高校生内野手は?世代No.1ショート・土田など18名の逸材を一挙紹介!

10/22(火) 12:10配信

高校野球ドットコム

2020年の高校生野手は、黄金世代と呼ばれるほどの逸材が揃っている。今回は、編集部のドラフト部長こと河嶋宗一がこれまでに見てきた選手を中心に、シリーズ別で紹介したい。第4回は「内野手編」。

【動画で紹介】天才型ショート・土田龍空(近江)

世代ナンバーワンショート・土田など来夏まで注目したい18人の内野手たち

 内野手では土田龍空(近江)が世代ナンバーワンショートとして、注目を集めている。守備範囲の広さ、捕ってから投げるまで持ち替えの速さ、強肩。さらに、ヒット性を平凡な内野ゴロにするポジショニングの上手さとすべてが群を抜いている。高校通算20本塁打以上放っている長打力も魅力だ。

 また、横浜の度会 隆輝、津田 啓史の二遊間コンビにも注目。度会は元ヤクルトで活躍した度会博文さんの次男。佐倉シニア時代は東海大相模のスラッガーの西川 僚祐とともにジャイアンツカップ優勝を経験している。最大の持ち味は実戦の強さだ。1年夏の神奈川大会では、代打出場で安打を量産。1年秋からセカンドのレギュラーを獲得すると、主に3番打者として長打、本塁打を記録してきた。体の使い方が上手く、180センチ72キロと細身のように見えても、飛ばせる打撃技術は高いものがある。さらに注目したいのは常に明るく陽気なキャラクター。誰とでも仲良くなれて物怖じしないところも魅力だ。
 一方、津田は寡黙で黙々と自分のプレーを行う仕事人。パンチ力がついた打撃と、捕球技術の高い遊撃守備で勝利に貢献する。

 ここからは、地区別に注目選手を紹介していこう。
山路将太郎(鶴岡東)は甲子園でも、東北大会でも快打、好守備を連発する好二塁手。来年も躍動感のあるプレーを見せてくれそうだ。
 仙台育英の入江大樹は秋季東北大会で打率.389を記録した大型遊撃手。捉えた時の打球は圧巻で、春季東北大会で見せた場外本塁打は大物を感じさせるものであった。
 
 小松涼馬(帝京)は、昨年1年生ながら東京選抜に選ばれ、キューバ遠征を経験。走攻守のレベルは、同世代の二塁手の中でも群を抜いており、勝負所で結果を残せるハートの強さも魅力だ。
 鎌田 州真(国士舘)も1年秋から活躍を見せてきた大型遊撃手。シュアな打撃と守備をさらに磨きをかけ、結果を残していきたい。
 
  常世田 翔太(銚子商)も細身の体型ながら、体幹を使ったフルスイングで長打を連発する好遊撃手。松本憲信(成田)は丸佳浩を意識したメカニズムから広角に長打が打てるスラッガー。肩の強さが光る三塁・遊撃守備にも注目。
 角田勇斗(習志野)は、ヒット性をことごとくアウトにする守備範囲の広い守備が魅力。打撃では常にミートを心掛け、試合を決める一打が打てる勝負強さが光る。
 濱田 蓮(立花学園)は安定感のあるグラブさばきと強肩が光る遊撃守備。さらに、パンチ力ある打撃がウリの大型ショートだ。
小吹悠人(山梨学院)は関東屈指の大型遊撃手。ミートを心掛けながら長打も打てる打撃と安定感のあるグラブさばき。強肩を兼ね備えた守備は、関東の中では突出している。

 中山 礼都(中京大中京)は下半身をしっかりと使った完成度の高い打撃フォームから長打を量産し、守備力も高い東海地区屈指の遊撃手。相羽 貫太(静岡)もスピード溢れる遊撃守備が魅力だ。
土井 翔太(郡山)は、春の近畿大会戦で本塁打を放った好遊撃手。ボールを捉える能力が高く、常に芯で捉えた打球が多い。軽快な遊撃守備にも注目だ。
 池田 凛(履正社)は簡単にアウトにならない対応力の高さが魅力の巧打の二塁手。
1年から走攻守の完成度の高さが魅力の宗山 塁(広島広陵)も来年は全国を騒がせるプレーヤーとなるだろう。
189センチ88キロの大型遊撃手・岡本 大翔(米子東)も夏の甲子園の時点で高校通算17本塁打。甲子園では智辯和歌山戦で3安打。捉えた時の打球の速さは凄まじいものがある。

 最後に、ドラフト部長こと河嶋宗一が選んだ「2020年の注目の内野手」をおさらいしよう。

【内野手リスト】
土田龍空(近江)
度会 隆輝(横浜)
津田 啓史(横浜)
入江 大樹(仙台育英)
山路 将太郎(鶴岡東)
小松 涼馬(帝京)
鎌田 州真(国士舘)
小吹悠人(山梨学院)
常世田 翔太(銚子商)
松本 憲信(成田)
角田 勇斗(習志野)
濱田 蓮(立花学園)
中山 礼都(中京大中京)
相羽 貫太(静岡)
土井 翔太(郡山)
池田 凛(履正社)
宗山 塁(広島広陵)
岡本 大翔(米子東)

河嶋宗一

最終更新:10/22(火) 12:10
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事