ここから本文です

力合わせ水害ごみ運び出し いわきスポーツクとドーム社員

10/22(火) 12:11配信

福島民友新聞

 サッカーのいわきFC(東北社会人リーグ1部)を運営するいわきスポーツクラブと同クラブの親会社で米スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」の国内総代理店ドーム(東京都)が20日に行ったボランティア活動では、台風19号で甚大な被害を受けたいわき市平下平窪地区の高齢者宅などで復旧作業に当たった。
 大倉智社長やチームの田村雄三監督ら同クラブの社員と、都内を中心に全国から駆け付けたドーム社員約30人が参加した。泥水で汚れた机や畳などの水害ごみをトラックで運び出した。
 敷地に流れ着いた大型タンクなどの処分に困っていた同市の農業の男性(79)は「若い人に大きな物を運び出してもらって良かった」と感謝した。田村監督は「いわきのために、できることをやっていきたい」と力を込めた。

福島民友新聞

最終更新:10/22(火) 12:11
福島民友新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ