ここから本文です

タグラグビーの新しい観戦体験を創出、5Gが一体感を醸成

10/22(火) 9:00配信

BCN

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、KDDI、データスタジアムは、ジュピターテレコム(J:COM)、SOLTILO Knows(Knows)の協力のもと、10月19日に東大阪市花園ラグビー場で開催した「au 5Gタグラグビーエキシビションマッチ」で、第5世代移動通信システム(5G)を活用した実証実験を実施。スタジアム内の様子を4K高精細映像で撮影し、5G対応スマートフォンやスタジアム内の大型モニターにリアルタイム伝送した。また、競技中の選手データや観客の盛り上がりを可視化することで、選手と観客、観客同士との一体感を醸成することができたという。



 本試験では、花園ラグビー場の競技エリアを5Gエリア化し、試合中の選手やスタンドの応援の様子を、5Gを通じて、4K高精細映像で5G対応スマートフォンやスタジアム内の大型モニターにリアルタイム伝送した。
 

 さらに選手のウェアに装着したIoTウェアラブルセンサーから得られるバイタルデータや、観客が持つ応援用スティックバルーンに取り付けたセンサーから取得したバルーンを叩いた回数情報などを可視化。5G対応スマートフォンやスタジアム内の大型モニターに伝送した映像と合成し、リアルタイムに中継することで、選手と観客が一体となったスポーツ観戦体験を提供した。

 今後は、自宅に居ながら他拠点で観戦している観客と一体となった観戦や、ゲーム要素を含んだ応援合戦など、選手と観客、観客同士の一体感を醸成する新しいスポーツ観戦体験を提供できるよう研究開発に取り組んでいく。

最終更新:10/22(火) 9:00
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事