ここから本文です

横浜ビー・コルセアーズは再び“貯金生活”に挑む、新潟アルビレックスBBは3Pの確率を上げたい

10/22(火) 12:27配信

バスケットボールキング

■横浜ビー・コルセアーズvs新潟アルビレックスBB(@横浜国際プール)
10月23日19時5分

 開幕からまだ6試合しか消化していないとはいえ、他チームのスタートダッシュ失敗も手伝って横浜ビー・コルセアーズが中地区2位につけている。Bリーグになってからはチーム史上初となる“貯金生活”を目指して臨んだ前節の島根スサノオマジック戦は、後半に敷いたゾーンディフェンスを攻略されたのが致命傷となって1戦目は黒星。随所でターンオーバーが出たのも試合のすう勢に少なからず影響した。2戦目も試合の入りで先行を許したが、鼻骨骨折から2試合のみの欠場でコートに戻ってきた生原秀将がアグレッシブに得点を狙って流れを変え、後半は生原とジョルジー・ゴロマンの活躍でオフェンスが安定して勝率を5分に戻した。1戦のみ行われる今節は再び“貯金生活”に挑む。

 その横浜のホームに乗り込むのは新潟アルビレックスBB。開幕5連敗で迎えた前節のレバンガ北海道戦は、1戦目に勝利してようやくトンネルを抜け出した。しかし2戦目はオフェンスの不安定さが再び頭をもたげ、55得点しか奪うことができなかった。ニック・パーキンズの得点力は安定しているものの、チームとしては3ポイントの成功率が1戦目で約23パーセント、2戦目は21本中2本しか決められず10パーセントを切ってしまった。

 新潟は昨季6戦全勝と地力の差を見せつけた横浜との対戦で悪いムードを断ち切り、攻勢に転じたい。トータルでも成功率25パーセントでリーグ最下位の3ポイントを早急に改善しなければならない中、鵜澤潤はここまで試投数11本で成功6本と高確率を残し、短い出場時間の中で積極的に狙う姿勢も評価できる。出場時間の長い五十嵐圭や柏木真介、池田雄一の確率が上がってこないことには苦しく、7試合で5本しか打っていない上江田勇樹のシュートチャンスも増やしたいところ。チーム全体の試投数はリーグで3番目に多いだけに、その確率さえ上がれば横浜のディフェンスを混乱に陥れることができるはずだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
橋本尚明
レジナルド・ベクトン
ホール百音アレックス
アキ・チェンバース
ハンター・コート
ジョルジー・ゴロマン
牧全
田渡凌
秋山皓太
竹田謙
エドワード・モリス
ジェイソン・ウォッシュバーン
生原秀将
小原翼

・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
森井健太
上江田勇樹
今村佳太
池田雄一
ニック・パーキンズ
ラモント・ハミルトン

BASKETBALL KING

最終更新:10/22(火) 12:27
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事