ここから本文です

『絶好調』サンロッカーズ渋谷が『強豪』宇都宮ブレックスにアタック! 武器となったディフェンスで勝負

10/22(火) 9:57配信

バスケットボールキング

■サンロッカーズ渋谷vs宇都宮ブレックス
10月23日19時5分

 東地区上位争いの注目の一戦、サンロッカーズ渋谷と宇都宮ブレックスの対戦がSR渋谷のホーム、墨田区総合体育館で行われる。ちなみにSR渋谷は東地区1位、宇都宮は同3位だ。

 SR渋谷の快進撃が止まらない。開幕節、2シーズン連続でファイナルに進出した強豪、千葉ジェッツに2連勝を果たすと、レバンガ北海道、三遠ネオフェニックスにも3勝して現在5連勝中。強豪ひしめく東地区だけでなく、リーグ全体でも首位に立った。

 好調の要因はSR渋谷のディフェンスに他ならない。オールコートに激しく当たるディフェンスで相手のスタミナを消耗させ、同時にアーリーオフェンスを繰り出しゲームをコントロールしていくスタイルだ。それを可能にしているのが選手の起用法にある。それが顕著に表れていたのが直近10月20日の三遠戦。11人のロスターが全員コートに立っただけでなく、最も少ない出場が野口大介の10分50秒と、全員が10分以上で時間をシェアしていることだ。「疲れたら交代してインテンシティを下げることなく40分間戦うスタイルを目指した。そのためオフに選手の補強を行った」と伊佐勉ヘッドコーチが語ったように、新戦力の石井講祐、関野剛平、田渡修人らがコートで存在感を示している。

 対する宇都宮は開幕節こそ川崎ブレイブサンダースに連敗を喫したものの、その後、滋賀レイクスターズに連勝すると、千葉ジェッツ、シーホース三河という上位進出が予想されるチームにも勝利して、連勝を5に伸ばした。特に先週平日開催の千葉戦ではジェフ・ギブスと竹内公輔をケガで欠きながらもライアン・ロシターの19得点20リバウンドの活躍もあり76-69で勝利。接戦となった三河との第2戦では橋本晃佑が値千金の3ポイントシュートを決めてチームの勝利に貢献するなど、宇都宮もチーム力で激しい戦いに挑んでいる。

 注目はここまで走行しているSR渋谷のディフェンスが宇都宮に通用するかどうかだ。特に田臥勇太、渡邉裕規のポイントガード陣に対してどのようにプレッシャーを与えていくかにも目が離せない。ここで宇都宮のリズムを奪うことができれば、SR渋谷のペースになるはず。それだけに試合を通じて目が離せない戦いが繰り広げられるであろう。

■ロースター
・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
セバスチャン・サイズ
ファイサンバ
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
杉浦佑成
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー
田渡修人

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
比江島慎
遠藤祐亮
竹内公輔
田原隆徳
渡邉裕規
鵤誠司
橋本晃佑
ライアン・ロシター
栗原貴宏※インジュアリーリスト
山崎稜
喜多川修平
シャブリック・ランドルフ

BASKETBALL KING

最終更新:10/22(火) 9:57
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事