ここから本文です

真中氏、3連敗の巨人は「非常に苦しいですけど…」

10/22(火) 22:14配信

ベースボールキング

SMBC日本シリーズ2019・第3戦
● 巨人 2 - 6 ソフトバンク ○
<10月22日 東京ドーム>

 巨人が3連敗で、1敗も許されない状況となった。

 初回、亀井善行の先頭打者本塁打で幸先よく先制するも、直後の2回にグラシアルのソロで同点に追いつかれる。3回にデスパイネの適時打で勝ち越しを許したがその裏、亀井の2打席連続本塁打ですぐさま同点に追いつく。

 しかし、2-2の4回、3番手・戸郷翔征が一死満塁から長谷川勇也の犠飛、柳田悠岐に押し出し四球、デスパイネの2点適時打を浴び4点を失う。反撃したい打線はその裏、4回二死満塁の好機を作るも重信慎之介が空振り三振に倒れた。

 5回以降は、ソフトバンクの150キロを超えるリリーフ陣を捉えることができず2-6で敗れた。

 22日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 日本シリーズ第3戦 ソフトバンク-巨人』で解説を務めた真中満氏は「4回ですよね。なんとか踏ん張ればというところで、デスパイネのタイムリーが非常に大きかったですよね」と振り返った。

 真中氏は、3連敗になった巨人は「状況は非常に苦しいですけど、選手は自分が今までやってきたこと、明日できることをやっていくしかない。なんとか一つ取るということですよね」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

最終更新:10/22(火) 22:17
ベースボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事