ここから本文です

フランクフルト、レバークーゼン戦で負傷交代のアルマミー・トゥーレの長期離脱を発表

10/22(火) 0:01配信

超WORLDサッカー!

フランクフルトは21日、DFアルマミー・トゥーレが負傷したことを発表した。

A・トゥーレは、18日に行われたブンデスリーガ第8節のレバークーゼン戦(3-0で勝利)に先発出場したが、30分に右モモ裏を負傷。ダビド・アブラアムとの交代を余儀なくされていた。

クラブの発表によれば、A・トゥーレは右大腿部の腱の損傷で、全治まで4週間を要する見込みだという。

今冬にモナコからフランクフルトに加入したA・トゥーレは、今季ここまで公式戦9試合に出場。ブンデスリーガ第5節のドルトムント戦からは、MF長谷部誠、DFマルティン・ヒンテレッガーと共に3バックの一角として4試合連続で先発出場していた。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/22(火) 0:01
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事