ここから本文です

バロンドール候補30名が発表! CL王者リバプールから最多7名が選出!!

10/22(火) 6:20配信

超WORLDサッカー!

フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は21日、2019年度の「バロンドール」候補者リスト30名を発表した。

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝チームであるリバプールから最多7選手が選出され、続いてマンチェスター・シティから5選手、トッテナムから2選手、アーセナルから1選手が選ばれ、プレミア勢だけで14選手が選出されている。

近年バロンドールを独占したラ・リーガからは、リーグ連覇を達成したバルセロナから4選手、レアル・マドリーから2選手、アトレティコ・マドリーから1選手が選ばれた。その他、パリ・サンジェルマン、ユベントス、アヤックスから2選手、バイエルン、ナポリから1選手すつが選ばれている。

今回の本命と目されるのは、リバプールの14年ぶりのCL制覇に大きく貢献し、オランダ代表としてもUEFAネーションズリーグ準優勝に貢献したDFヴィルヒル・ファン・ダイク。対抗と見られるのは、ラ・リーガで6度目のピチーチ賞(36ゴール)を獲得しバルセロナのリーグ連覇に大きく貢献したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。受賞すれば4年ぶり最多6度目となる。

1956年にスタートした同賞は、2010年にFIFA年間最優秀選手賞と統合されたが、2016年から再びフランス・フットボール誌の単独主宰となった。また、投票者もFIFA共同時代の代表チームの監督&キャプテンが外れ、世界中のジャーナリストのみに回帰している。なお、2019年のバロンドール授賞式は12月2日に行われる。その他の候補者は以下の通り。

◆2019バロンドール候補 30名
FWモハメド・サラー(リバプール/エジプト)
MFエデン・アザール(レアル・マドリー/ベルギー)
DFマルキーニョス(パリ・サンジェルマン/ブラジル)
FWラーヒム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド)
MFジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー/ポルトガル)
FWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)
FWリヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア)
MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー)
DFカリドゥ・クリバリ(ナポリ/セネガル)
FWアントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ/フランス)
DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)
MFベルナルド・シウバ(マンチェスター・シティ/ポルトガル)
FWソン・フンミン(トッテナム/韓国)
FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド)
FWロベルト・フィルミノ(リバプール/ブラジル)
FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)
GKアリソン(リバプール/ブラジル)
DFマタイス・デ・リフト(ユベントス/オランダ)
FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス)
MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール/オランダ)
FWキリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン/フランス)
DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド)
MFドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス/オランダ)
FWピエール=エメリク・オーバメヤン(アーセナル/ガボン)
GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
FWサディオ・マネ(リバプール/セネガル)
FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ/アルゼンチン)
MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/オランダ)
GKウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
FWドゥシャン・タディッチ(アヤックス/セルビア)

超WORLDサッカー!

最終更新:10/22(火) 11:38
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事