ここから本文です

“スアレスTシャツ”は間違った判断…キャラガーが8年越しにエブラへ謝罪

10/22(火) 13:00配信

超WORLDサッカー!

かつてリバプールで主将を務め、現在は解説者として活躍しているジェイミー・キャラガー氏が、8年越しに謝罪した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

近年も無くなることがない人種差別問題。2011年、当時リバプールに所属していたウルグアイ代表FWルイス・スアレスとマンチェスター・ユナイテッドに所属していたフランス代表DFパトリス・エブラの間にも問題が起きていた。

問題は、スアレスがエブラに対して人種差別を行ったというもの。2011年11月にアンフィールドで行われた試合で事件は起き、FA(イングランドサッカー協会)から処分の対象となっていた。

審議の結果、スアレスは12月20日から8試合の出場停止処分を受けることに。異議申し立てを行ったため、処分が一時的に保留となると、翌日のウィガン戦でウォーミングアップ中にリバプールの選手たちがスアレスのTシャツを着用し、サポートする意思を表明していた。

しかし、この件に関して、キャラガーはやりきれない思いがあったという。

21日に放送された、『スカイ・スポーツ』の『Monday Night Football』でキャラガーはエブラと共演。その際に、クラブの判断が間違っており、Tシャツを着用したことが間違っていたと謝罪した。

「間違いを犯したことは間違いない。それは明らかだった」

「あれは夕方の試合であり、ウィガンでの試合で、当日そこに行った」

「チームミーティングがあったのだが、そこで覚えているのは、監督なのか、スティーブ・クラークだったか覚えていないが選手の1人に尋ねたていた。『まだシャツを着ているのか?』それが最初に聞いたことだった」

「私はウソをついているのではなく、『自分がその一部ではなかった』と言っているだけだ。なぜなら、クラブとして間違っていて、我々全員がその一部だったからだ」

「私は副キャプテンだった。だから、実際に誰がその背後にいたかはわからない。監督について言及されていることは知っているが、ケニー(・ダルグリッシュ監督)は何の関係もないと思う。ドレッシングルームで、仲間と友人をサポートしたかったんだ」

「私が言えることは個人として、それを着たくないと言う勇気が欠けていたということだ。チームの決定なら…私は自分自身を顧みる必要があった。十分な勇気がなかった」

「リバプール内の誰もが正しいことをしているとは思っていなかったと思うが、家族として、サッカークラブとして、最初の反応は誰が何をしたとしても、まずはサポートすることだ。ただ、それは間違っていた」

「私はそれを容認しないが、あれが最初の反応だった。お詫びします」

キャラガーからの謝罪を受けたエブラは、過去の事件を寛容に受け止め、サポートする気持ちは理解するとしながらも、当時は信じられなかったと明かした。

「観ていたよ。試合を観ていたが、馬鹿げていると感じた。信じられなかったね。クラブの判断であっても、自分のクラブを危機に晒している」

「しかも、これは出場停止処分が下ったあとだった。出場停止となっている状況では、どのようなメッセージを世界に送るのか?人種差別的な言葉の使用が禁止されているのに、その人をサポートするのか?」

「本当のことは理解している。あなたとクラブ、チームメイトの最初の反応はサポートすることだ」

「もし、私が大きな間違いを犯し、チームメイトやクラブがサポートしてくれなかったら、失望していただろう。ある意味で理解はしているが、完全に理解はできない。フィフティ・フィフティだね」

超WORLDサッカー!

最終更新:10/22(火) 18:16
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事