ここから本文です

ミハエル・シューマッハーの元マネージャー、息子ミックのF1での成功を確信。本人もF1への思いを強める

10/22(火) 7:00配信

オートスポーツweb

 長きにわたってミハエル・シューマッハーのマネージャーを務めてきたサビーネ・ケームが、7度のF1チャンピオン獲得経験者を父に持つミック・シューマッハーはF1で成功するために必要なものを持っていると語った。

ミック・シューマッハーの父、ミハエル・シューマッハー

 ケームはシューマッハーが父と同じ道を歩み、いつの日か彼もチャンピオンに輝く日が来ると信じている。

「ミックは遅かれ早かれF1に行くだろうと確信しています。早いことを願っているけどね!」と彼女は『Die Welt』紙で語った。

「とても上手くやっていくだろうという確信がある。彼はすでに素晴らしい仕事を成し遂げてきました。ミックは、チャンピオンになるという夢を絶対に現実のものにするでしょう」

 シューマッハーは昨シーズンのFIAヨーロッパF3選手権で素晴らしい走りを見せて連勝を達成。それまでトップの座にあったダン・ティクタムを下してタイトルを獲得し、フェラーリ・ドライバーアカデミーとの契約を結んだ。

 しかし2019年にF2に参戦を始めてからは苦戦を強いられてきた。ハンガリーでのスプリントレースでは勝利を収めたものの、直近の6戦中5戦では完走できずにいたのだ。

 結果、シューマッハーはプレマに51ポイントしかもたらすことができず、ドライバーズ選手権順位は12位となっている。対して、今季1戦を残してソチでタイトルを獲得したARTのニック・デ・フリースは266ポイントを稼いできた。

「ミックはとても不運なシーズンを過ごしてきたのです」とケームは認めている。

「気の毒に思っています。彼は信じられないほど多くの不運に苦戦してきた。そしてもちろん、彼にはまだ学ぶべきことがたくさんある」

「けれどもミックは分析や、正しく教訓を得ること、調整することが非常に上手いのです」とケームは語り、シューマッハーがF1でトップに登りつめるだろうという持論を曲げなかった。

 しかしながらシューマッハーの名を背負うという期待値の高まりは、素晴らしい名誉であるとともに、モータースポーツにおいては疑いようもなく大きな重荷となる。だからこそ彼は当初、ミック・ベッシュという母の旧姓でキャリアをスタートさせたのだ。

「フォーミュラシリーズに参戦を始める前は、いつも母の名字を使ってきた」とシューマッハーはポッドキャスト番組の『Road to F1』で語った。

「誇大広告になることを確実に避けられたし、成長する時間も得られた。自分のペースで学ぶ機会も得ることができた。僕にとっては、とてもポジティブなことだったよ」と彼は説明している。

 それでも秘密を隠し通すことは難しかったという。

「写真を撮られたら、撮らないように常にやんわりと断るようにしていた。プライバシーを守るためにね」

「母の名前でドライビングをしていたときは、もっと自由があったかって? そういうことではないんだ」と彼は話した。

 ミック・ジュニアと名乗っていた時期もあったが、最終的には公にせざるを得ない時期がきた。

「フォーミュラでドライビングをするようになったころが、本当の名前をマシンに載せることを考えるのに良い時期だった」

 今年の夏には父の乗っていたF2004をホッケンハイムでデモ走行させているが、彼はまだスポットライトを浴びることに慣れてはいない。

「不思議な気分だったよ」と彼は『Autoweek』に語っている。

「もちろん、あんな経験をしたことは今までなかった。父が経験していたことの、ほんの一部だった」

「父にとってどういうものだったかを想像するのは難しい。けれども楽しかったよ。人々からの雰囲気やサポートを本当に感じることができた」

 この経験は、F1への思いをより強くするものだったという。

「もちろん、そのことを考えている。僕の夢なんだ。僕が行きたい場所であり、自分の人生を生きたいと思う場所だ。準備はできていると感じているよ」と彼は付け加えた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/22(火) 7:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事