ここから本文です

西武“華のドラ3”松岡、目標は林昌勇氏 「追いついて、追い抜きたい」

10/22(火) 16:16配信

Full-Count

吉田輝、根尾らと同級生「1軍の舞台で対戦したい」

 西武にドラフト3位で指名されたルートインBCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズの松岡洸希投手が22日、埼玉県熊谷市の球団事務所で指名挨拶を受けた。辻監督の直筆でしたためられたメッセージ入りの色紙などを手渡された松岡は「最初は経験を積んで、最終的には1軍で活躍するチームの顔になりたい」と抱負を語った。埼玉県桶川市出身の松岡にとって西武は地元の球団。「今年もペナントレースでは1位で、強くて華があるチームだと思う」と印象を口にしていた。

【動画】サイドスロー転向わずか半年で149キロ! 西武から3位指名の埼玉武蔵・19歳松岡の実際の投球映像

 投手歴わずか2年弱の「武蔵の林昌勇」が、いよいよプロの世界に飛び込む。小学校で野球を始め、「内野手を極めようと思っていた」と高3春までは内野手としてプレーしたが、チーム事情で投手に転向した松岡。プロ志望届を提出したものの指名漏れを味わい、桶川西高校を卒業してからルートインBCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズに入団し、再びプロを目指すことになった。

 入団後の今年3月、元楽天・片山博視投手コーチ兼選手の提案でサイドスローに転向すると一気にその才能が開花。動画サイトなどで元ヤクルト・林昌勇投手のフォームをチェックし参考にしてきたという松岡は、力のある直球を武器に「武蔵の林昌勇」と呼ばれ注目を集めてきた。本格的な投手転向からわずか2年弱で、最速は130キロから149キロにアップ。抜群のポテンシャルで一気にドラフト上位候補に駆け上がり、西武からの3位指名を勝ち取った。松岡は「小学生のころから知っていたけど、サイドに転向してから頭に浮かんだのが林昌勇さんだった。憧れです。コピーじゃなく、追いついて、追い抜きたい」と目を輝かせた。

西武がルートインBCリーグからドラフトを経て選手を獲得するのは今回が初めて。松岡は「ヒートベアーズに入団して、監督やコーチにマンツーマンで指導してもらったから今の自分がある。人との巡り合わせがなかったらこうなっていなかったと思うし、関わってくれた全ての人のおかげ」と周囲に感謝した。高卒1年目の同級生には吉田輝(日本ハム)や根尾(中日)らがいるが、「1軍の舞台で投げ合ったり、打席で対戦したりしたい」と昨夏の甲子園を沸かせたスターたちとの真剣勝負を心待ちにしていた。

安藤かなみ / Kanami Ando

最終更新:10/22(火) 16:16
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事