ここから本文です

広島鈴木?オリ吉田正? 侍J稲葉監督、4番は「考え中です。4試合で決めたい」

10/22(火) 19:43配信

Full-Count

侍ジャパン宮崎合宿がスタート、侍4番は「ジャパンの重圧もある。簡単に出来るところではない」

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督は22日、「第2回 WBSCプレミア12」での4番打者について、「まだそこを含めて、考え中です。打線の中で、どういう打順がいい打線として組んでいけるのか。練習試合、カナダとの試合もあるので、4試合で決めていきたいと思います」と熟考する考えを示した。

【一覧】「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsカナダ」&「第2回 WBSC プレミア12」の出場メンバー全28人

 鈴木誠也外野手(広島)は今季140試合出場し、打率.335、28本塁打、87打点を記録。108試合で4番を打ってきた。稲葉監督は「彼は打撃なので。クリーンアップは打ってもらおうと思っていますから。打撃には非常に期待しております」と主軸として期待を込めた。
 
 宮崎合宿に参加する選手では鈴木を筆頭に、吉田正尚外野手(オリックス)、浅村栄斗内野手(楽天)、山田哲人内野手(ヤクルト)、近藤健介外野手(日本ハム)が今季中に所属チームで4番を打ってきた。日本シリーズ出場中の選手では坂本勇人内野手(巨人)もいる。稲葉監督は「打線の核。ジャパンのプレッシャーもかかるので、そんなに簡単に出来るところではないでしょう。ある程度4番の経験のある、チャンスに強いということを考えながら決めていきたい」と選考方法を語った。

Full-Count編集部

最終更新:10/22(火) 19:43
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事