ここから本文です

バロンドール候補者30名を公表…リバプールから最多7人、昨年受賞者モドリッチは選ばれず

10/22(火) 6:22配信

ゲキサカ

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は21日、2019年バロンドールの候補者30名を発表した。バロンドール授賞式は12月2日にパリで行われる。

 ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール。今回発表された候補者に、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者リバプールから最多7人が選出され、2018-19シーズンのUEFA最優秀選手賞を受賞したDFフィルヒル・ファン・ダイク、元アーセナル監督のアーセン・ベンゲル氏が推すFWサディオ・マネ、FWモハメド・サラーらが名を連ねた。

 そのほかに、最多5回の受賞を誇るFWリオネル・メッシ(バルセロナ)とFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、MFケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)、FWエデン・アザール(R・マドリー)、FWキリアン・ムバッペ(パリSG)らがノミネートしている。

 一方、昨年受賞者のMFルカ・モドリッチ(R・マドリー)、トッテナムの欧州CL準優勝に大きく貢献したFWハリー・ケインとMFクリスティアン・エリクセン、パリSGのFWネイマールは候補者リストに名前がなかった。

 以下、2019年バロンドール候補者30名

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)
アリソン・ベッカー(リバプール)
ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)
カリム・ベンゼマ(R・マドリー)

ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)
クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
ケビン・デ・ブルイネ(マンチェスター・C)
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)
マタイス・デ・リフト(ユベントス)

ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
アントワーヌ・グリエーズマン(バルセロナ)
エデン・アザール(R・マドリー)
ジョアン・フェリックス(A・マドリー)
カリドゥ・クリバリ(ナポリ)

ロベルト・レワンドフスキ(バイエルン)
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
サディオ・マネ(リバプール)
リヤド・マフレズ(マンチェスター・C)
マルキーニョス(パリSG)

キリアン・ムバッペ(パリSG)
リオネル・メッシ(バルセロナ)
モハメド・サラー(リバプール)
ソン・フンミン(トッテナム)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

ドゥサン・タディッチ(アヤックス)
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ドニー・ファン・デ・ベーク(アヤックス)
フィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リバプール)

最終更新:10/22(火) 7:20
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事